2009年06月24日

涙の意味

今年の夏、イベントで大坂に行かせてもらいました。

そのイベントで食堂でご飯を食べている時に、
挨拶をされ、目の前で泣いてくれた子がいました。
多分中学生ぐらいの子だったと思います。

「作品を生み出してくれてありがとうございます」

その言葉を聞いた時、僕が感じたのは「生きてる意味」でした。

今まで色々な手紙やBlogで感謝の言葉をかけてもらったそのたびに、
色々なVitaminをもらってきました。

笑う人もいるでしょうし、
大げさな、馬鹿じゃないのとか嘲笑う人もいるでしょう。

でも、今、ひとつだけ言えるとしたら。
僕はその涙、その笑顔の為に頑張っています。

ありがとう。

大げさでいいじゃない。
馬鹿でいいじゃない。

そんなところまで嘘をついて生きてどうするの。

涙を流してくれる純粋な心にこたえたい。
これからも、その気持ちに応えられるように、
一日一日を頑張っていきます。

修造並みに暑苦しいって言われても、
別にこの件については僕は全く構わないです。