2011年02月24日

不満と不安と

誰だって不安だ。

何か始めること、自分が知らないこと、やったことがないこと、
経験がないこと、自信がないこと。

不安だから失敗を恐れる、
失敗を恐れると「失敗しないこと」ばかりを考える。

どんなことでもはじめてやることは緊張する。
万全な状態でスタートすることなど、ありえない。

僕も会社をスタートした瞬間はそうだった。

万全の準備をしてスタートしたわけでは全然ない。
親や知人にいっぱい迷惑をかけながらも、
必死に立ち上げ、それこそ最初の数カ月は忙しすぎて
日付の感覚がなかった。

「社長になりたくて」「社長の勉強をして」スタートしたわけではない。

開発会社の時代もそうだった。

優秀な「アートディレクター」がいたら、
優秀な「企画」がいたら、
優秀な「マネージャー」がいたら、
優秀な「営業」がいたら、

たら、れば、の不満は山ほどあった。

だが、その状況を「不満」と思うか「チャンス」と思うかによって、
まったく状況は変わってくる。

僕は「チャンス」だと思った。

だからすべてをやった。

時間はなくなった。
プライベートもなくなった。

企画をして企画書を作りプレゼンテーションをした、
ロゴを作り画面のサンプルを作り、アートディレクションをした、
ラインの管理をして、ラインの線表を引き、聞き役に徹した、
新しいクライアントを発掘する営業をした、

どれほど「~が、いたら」と思ったことか。
だが、今になって思う。

 「ありがとう」

その状況すべてが今の僕を育ててくれた。

すべて揃っていたら、きっとRejetという会社は、
そして今の僕のスキルは無かったから。

人は誰しも、不安になる。
人は誰しも、不満を持つ。

だが、その不安や不満を爆発させることで、
溜飲を下げてはならない。

自分を成長させるチャンスは、
チャンスだと自分が意識しないところに、
数多く眠っている。

日々精進、寝食を忘れ没頭するところに、
新しい自分の可能性があるのである。

-----

・決して時計を見るな。
これは若い人に覚えてもらいたいことだ。


・成功できる人っていうのは、
「思い通りに行かない事が起きるのはあたりまえ」
という前提を持って挑戦している。


・不満こそが、進歩するための鍵である。


-----

偉大なる発明王トーマス・エジソンの言葉。

女の子の為にゲームを作ってるんだけど、
天国の偉大なるエジソンさん、僕もそう思うことが沢山あります。

素敵な言葉をありがとう。

エジソン (おもしろくてやくにたつ子どもの伝記)エジソン (おもしろくてやくにたつ子どもの伝記)
(1998/10)
桜井 信夫

商品詳細を見る