2013年05月02日

変化するということ

本当に、慣れ、は怖い。

自身が物づくりをするにあたってもそうだし、
会社の経営をしていく上でも、
人と接する、ということにおいても。

テーブルにフラットにつきたいだけなのだが、
フラットな姿勢はつまり、同じ目線がないと、フラットな
状態にはならない、ということなのだろうか。

慣れないこと、

やはりそれは疑問を持つ、ということだと思う。

疑問を持つということは、つまり同時に変化しないといけない、
と思うことだと思う。

「これでいいのか?」
「まだいい方法があるのではないのか?」

仕事に対して満足して、余裕を持ってはいけない、
という危機感は常にある。

コンテンツを作る時も、他の商品と「何が違うのか?」を
ずっと考えてきた。

会社に関しても同じ。

第四期が終わり、第五期が始まった。

反省点はいっぱいある。

改善点もいっぱい。

やらなければならないことは山の様にある。

同時に会社も大きく変わりつつあるし、
それに合わせて自分も変わらなければならない。

自分への問いかけを常に忘れずに、
邁進したいと考えている。