可能性

家の片づけをしていたら、膨大な数のノートが出てきた。

仕事をしてからはずっとアイデアノートは貯めてきてるが、
今回できてきたのはなんと十年ぐらい前のものだった。
どこに潜んでいたのか。

十年前、まさか自分がこんな状況にあるなんて、
思いもしなかった。

ただ小学生の頃から文章を書いたり、
色々なことを空想するのはとても楽しかった。
だから、下手くそなりにずっと表現し続けてきた。

人生においてどんな時でも、
だめだ、とか、もうやめよう、と考えたことは一度もなかった。
だから、たぶんだけど、続けることが大切なんだと思う。

才能や運も当然あると思うけど、
自分が好きなことや、これだ、と思ったことは続けて、
努力し続けるのが大切だと思う。

古びたノート、十年前の自分のアイデアの源泉、
落書きを見てたら、そんなことを思いました。

十年後の自分にも同じことを思ってもらうために、
毎日僕はノートに何かをメモしてると思います。

とか書いといて、今日のメモを見たらきわどいものばかりで、
到底感銘受けるとは思えませんでした。

極上のキスとか虹のベッドとか、ドラマティックドッキングとか
マジでピンクなメモばかりです。

ドラマティックドッキング、Dok'in!Dok'in!とか
うーむ、我ながらすごい。


いいじゃん!そういう恋や愛がテーマの仕事だし!