乙女ゲーム番長、第二回目です

なぜか前回の番長ネタが非常に好評でした。

数多くのメッセージやコメント、メールを頂いたので、
ご返答できればな、とか思っています。

その前にみんな恋愛番長見ろよ!
見てね!見なさいよ!鳥海さんでてるよ!

しかし乙女の為の会社Rejetの社長として、
これは応えないわけにはいきません。

暇なのか?とか仕事しろ!っていう突っ込みが入る前に、
以下、エナさんから頂いたコメントです。

質問があるのですが、岩崎さんは昔から人と話す事が得意でしたか?

私は人と話すのがとても苦手です。特に初対面の人と話すときは
とても緊張してしまって、上手に話せません。

来年から編入で東京の大学に行くのですが、編入なので友達関係が出来ているところに
たった一人で進んでいくことが不安でたまりません。

将来、メディア関係の仕事に就きたいのですが、人と話す事が得意ではないので何とか
こんな自分を変えたいと思っています。

もしよろしければどうしたら人と緊張せずに、
上手に人とコミュニケーションがとれるコツがあれば、
アドバイス等をいただければありがたいです。


以下、追記からResです。
おお、これは良く理解できますね。

僕もですね、大体がですね文学少年というかゲームボーイなので、
ゲームボーイっていうのはゲーム少年ですね、余計な解説入れましたが、
結構やっぱり初対面は今でも緊張します。

というか、人間初対面で緊張しないってことはないわけですが、
何に対して緊張してるのかによります。

結構色々な要素があると思うんですが

・コンプレックス
・話す内容が分からない

とかがほとんどですね。

ただ、大学に進学した場合は、やっぱり友達は作った方がいいです。

僕もそうだったのですが、

 きっと誰かが声をかけてくれるに違いない

と思って期待してるわけです。いやほんと、声をかけられないわけが
ない、誰かがきっと声を…とか思ってる時期とかあったわけですが、
そう、まるで声をかけられませんでした。

大体がですね、180cmぐらいあるわけで、少なくとも可愛くは見えませんし、
どっちかっていうと、スラムダンクのミッチーのような髪型をしてた上に、
背が高いゲームボーイ(しつこい)に、声をかけてくるわけがないんです。

しかもゲームと小説と映画が好きな内向的なピュアボーイだったので、
周りの大学生の男子達が好きな「女の子」と「車」の話(大抵自慢)が、
ばかばかしくて聞いてられませんでした。
(でも女の子には興味はありました、ないわけがないです)

で、まあどうしたかというとですね、
結論からいうと、自分から話しかけました。

緊張はするんですが、一番は『ご飯一緒に食べない?』が多かった気がします。

どうってことはないんですが、相手が距離感持ってる場合もそうなんですが、
ちょっとした日常の会話から入るだけで、大抵大丈夫です。

一緒に、どこかのタイミングで食事するといいかもですね。

後は、最初に言っちゃうんですね。

 「私人見知りだから気にしないで」的なことを

ああ、そうか、と思って相手も気にしてくれるんで、
つまりはまあ、カミングアウトした方がいいです。


やっぱり心を開く瞬間というのは、
何もない時よりも、ご飯食べてる時とかのほうが多いです。


ただエナさん、僕の33年間の経験からするとですね
人間は合う人と合わない人が絶対いるので、
どれだけ向き合っても、合わないタイプはいます。

仕事なら我慢しなければなりませんが、
無理に自分と合わない友人を作る必要はないと思います。

100人の友達よりも、いざというとき、本当に助けてくれる、
あるいは相談に乗ってくれる友人が1人いたほうがいいと思います。


それより大事なのは家族だと思うから、
VitaminZやLucianBee'sでは家族ネタをふんだんに入れて、
メッセージを出してたりします。


しかし、僕もつい先日、思い知ったのですが、ゲームのイベントやプレゼン、
会社の仲間だとペラペラしゃべれるのですが、部下の結婚式のスピーチ
の時とかマジマジドマジに棒読みでしたからね。

緊張はやっぱりしますよ。

トイレとかすごいいったし、イベントのときとかは全然緊張しないのに、
めちゃくちゃトイレでスピーチの練習してましたからね。

出たら、おじさん達が並んでて、ちょっと罪悪感でした。
ザンギエフ君、ごめん、実はあのスピーチはトイレの中で、
練習してたもの
なんです。

というわけで、エナさん、ほんのちょっとの勇気を出して、
話しかけてみることをお勧めします。

徐々に話して慣れてけばいいと思います。
そうすれば、友達はきっとできますよ。

できなかったら、その時は僕が友達だぜ?

とかもう、ほらそんな適当なことはいってはいけませんが、
是非頑張って下さい。

以下、写真はそんなトイレで考えた主賓スピーチをする前の、
前田君とのツーショットです。

前田君の腰つきがセクシーです。

1111.jpg