忘年会ありがとうございました!

皆様お久しぶりで御座います。

先日ですが某所でRejetの忘年会をさせて頂きました。

非常に多くのパートナーの皆様にご来場頂き、
80名近くの方々にご参加して頂けました。

こういった試みは初めてでした。

2年半、という歳月の中でここまで多くの方々にお世話になっている
と言う意味でも、お話できたことはとても貴重な経験でした。

乙女ゲーム業界のみならず、
ゲーム業界全般も、はっきり言って現状のやり方では通用しない、
「対応」しなければならない時期に来てる、と感じています。

対応、と言う言葉は変化への対応と言う意味が多大です。

ご存知の方も多いですが、
進化論を唱えたダーウィンの言葉で

「この世に生き残る生き物は、最も力の強いものか。
そうではない。最も頭のいいものか。
そうでもない。それは、変化に対応できる生き物だ」

という言葉があります。

なるほど、と思います。

自分が今働く業界やその環境や状況にも同じ事が言えるの
ではないかな、と思っています。

フォーマット化は業務の遂行に非常に役立つことなのですが、
そのフォーマットに対して疑問を常に抱き改善する、
あるいはフォーマットを新しく作り上げる。

来年6月度の3年目に向けて、
自分としても様々な変化に対応していきたいと、
思っています。

同時にその舵取りや方向性は代表である自分が
きちんと担い、導いていく。

Rejetと言う会社はまだまだ若い会社ですが、
企業としての成長を遂げて行く最中だと思っています。

その最中での様々な内外含めて変化に対して、
対応していきたい、と思っています。

そんな事を考えてる年の瀬です。