NHKの取材を受けてきた!

先日、NHKの海外向けの番組なのですが、
英語でのインタビューを受けてきました。

※7月末にまた詳細発表します。

何故、自分のところに来たのか、結構びっくりしたのですが、
業界の認知に繋がればと思い、出演しました。

ニコラス・ぺタスさんがMCのWeb番組で、
恐らくは色々なサブカルチャーの紹介や、
クリエーターの紹介という感じで、ゲーム業界では結構すごい
メンバー(龍が如くの名越さんや、レベルファイブの日野さん、モンハンの
プロデューサーの方、他)が出演されたそうです。

色々面白かったのですが、

 「DAISUKE!そんなゲームを作るってことは、恋愛マスターなのかい!?」

 「GAMEで考えた、恋愛テクニックを現実でも使ってるのかい?!」

みたいな質問がありまして、それは恋愛番長やん!というのを喉元
まで出かかったのですが、そもそも紹介されてたのがディアラバや、
Vitaminシリーズだったので、グッとこらえました。

どうやら、僕は恋愛の達人らしいです。

とてもアメリカンな受け答えに、アメリカンな受け答えをしておきました。

 「TOP SECRET!」

ぺタスさんが大笑いしてくれて、嬉しかったです。

しかしゲームもコンテンツも、世界へ、というのを良く聞きますが、
女性向けコンテンツはどうなんでしょうね。

恋愛等に対しての価値観が違うので、結構難しいのかな?

以前開発会社に所属してた時に、
海外版のローカライズを担当させてもらった時に、
表現のNG/OKのラインに驚いたものです。

お客様でも香港、台湾、中国の方は既にいらっしゃるので、
アジア圏の方々とは、結構近い価値観があるのかもしれませんね。

Rejetの作品が好きな海外の方とも、
どのように作品が受け入れられてるのか、
一度お話ししてみたいものですね。