第六期が始まって

会社としての六年目、第六期が始まった。

色々なことを改善していかなければならないし、
このブログでも何度も書いてきてるのだが、
仕事はしっかりとしたビジョンを持ち、
その上で、現状への改善を続けてることが、
仕事なのだと思う。

完璧な人などいない、というのと同じで、
完璧な組織や、環境が完璧に整ってる組織も
またないわけで、そういった意味でも、
改善を続けていきたいと思っている。

六期が始まった時に、自分がデベロッパー時代に感じてた
ことを社員全員に伝えた。

ひとつは「仕組み」の重要性だ。

幾ら良い作品があったとしても、それを伝達する「手段」が
なければ、作品は埋もれてしまう。

そういった意味でデベロッパー時代に、色々な経験をさせてもらった
ことは、本当に自分の中で重要な経験となってる。あの時間がなければ、
きっと、今の状況はなかったと、今だからこそ、思える。

あの時、作れど、作れど、ある種のコンプレックスがあった。

逆に(前向きな)コンプレックスを持てるかは、
作り手としては重要な要素だとも、考えてる。

だから、理想は重要だ。

理想は、ビジョンがなければいけない。

ビジョンがあれば、現実的にやるべきこと、
やらなきゃいけないことが明確になる。

ビジョンはある。

なので、今期も社員一同と、駆け抜けようと思う。