RejetFes.2014御礼!

RejetFes.2014にご参加頂きました皆様、ありがとうございました!

横浜パシフィコでの2days、全4公演無事に終えられました。
台風が直撃しなかったのは、皆様の熱で台風を
留めて頂けてたからでしょうか。

昨年行ったRejetFes2013から本当に色々な調整を経て、
実現できたイベントだけに終わった時には、
感無量でした。

キャストの皆様、スタッフの皆様も、
本当にありがとうございました。

「Rejetにしかできないこと」

をスローガンに様々な企画を進めると同時に、
前回の運営の改善点・反省点に対応できるかに、
注力しました。

大きいところでいうと、

 ・キャパシティを広くしてもらいたい
 ・映像化してもらいたい

という意見を軸に調整してきたのですが、
あっちを立てれば、こっちが立たず、という事の
繰り返しで調整がとにかく難航しました。

キャストの皆様のスケジュールを軸に、
どのタイトルでイベントを行うのかという点も、
悩み抜いて出した結論になります。

自身の仕事ではあるのですが、予算的な側面にも、
かなり慎重に動いて決断しなければならない為、
イベントが無事に開催終わり、収支が見えるまでは、
胃に穴が空きそうでした。

大きな赤字を出してしまえば、企業としては当然、
イベントの運営自体の存続が危うくなってしまいます。

事前物販を踏まえると、三日間運営させて頂きましたが、
実際は今回も到らぬところがまだまだあったと思いますし、
様々なご意見に耳を傾けながら、今後も更なる改善をして
いきたいと思います。

またマジフォーに関してプロデューサー的な立場から発言させて
頂くと、「もっと曲を歌ってもらいたい」という意見が出ることは、
重々承知してます。※ラグポも含みます。

ただ一点だけご理解頂きたいのは、

 ・振り付けをしながら、歌う

ということは通常、声のお仕事をメインにされてる方々に
対して大きな負担を強いることになってしまいます。

また本当に特例的に対応して頂いてる点なので、
お客様からのご要望は理解してるのですが、
とにかく慎重に検討しなければなりません。

ですので、皆様と話し合いを通じて、

  一曲のパフォーマンスのクォリティをとにかく高めよう

という方向性で決断させて頂きました。

本番前までのダンスレッスンも前日、当日リハーサルも
念入りにマジフォー、ラグポの面々が最高のステージをという
心意気と共に、ダンスの振り付けを練習してたのが、目に焼き
付いてます。

増田さんに舞台袖で会った時は、鈴木さんがホテルの部屋に
戻っても練習してたと仰ってました。

彼等の熱い想いの結果は、あのステージに集約されてたのでは
ないかな、と思っています。

皆様の暖かい反応と、OvertheRainbowの合唱を聞いて、
PA卓から拝見してたのですが、僕自身、目頭が熱くなりました。

本当に色々なことがありました。

ただ、今は無事公演を終えられたことを、
社の代表として心より嬉しく思います。

また社のスタッフにも本当に感謝してます。
現場対応していた皆はゆっくり休んで頂ければ
と思います。

このイベントで頂いたお客様の笑顔を糧に、
会社の経営、運営、改善に尽力していきたいと思います。