今年だけで、作詞した曲が

結構な数になりました。

2007年からの累計をカウントしてみたら180曲を突破してました。

年の瀬なので、ちょっと自分自身を振り返る意味でも、
見直してみたのですが、今年が今までで一番作詞した
年じゃないかなあ、と思います。

主にピタゴラスプロダクションのアイドルの作詞が一番多かったのですが、

100曲組曲

を2013年度8月にやってたので、1年半で……と思うと、
結構なペースで作詞してきましたね。

今年は土曜日はほぼ作詞してたんじゃないかな?

僕の中ではキャラクターソングの作詞というのは、
作品やキャラクターを通じて、
(僕が想像する)新しい世界観を生み出す作業です。

嬉しいもの、甘いもの、痛いもの、気持ちいいもの、苦しいもの、悲しいもの、
……日本語だけでなく色々な言葉を組み合わせることによって、
表現は無限大です。※更にルビも含めると。

これはVitaminの時からずっとなのですが、
「絵」が見える作詞をしたい、と常々思ってますが、
今年の作品たちはどうだったでしょうか?

個人的には、いろいろなことから開放されて、
曲と向き合える時間は、産みの苦しみもあれど、
とても楽しい時間です。

苦しいけど、楽しい。

来年は、どんなキャラクターたちと、どんな曲で、
どんな新しい言葉を紡げるのか、
僕自身、楽しんでいきたいと思います。


MARGINAL#4「Bingo!!!!」(アトム・ルイ・エル・アールver)MARGINAL#4「Bingo!!!!」(アトム・ルイ・エル・アールver)
(2014/12/17)
MARGINAL#4、桐原アトム(CV:増田俊樹) 他

商品詳細を見る