人との出会い

今日は西新宿で打ち合わせでした。

とある人とミーティング、
3Dのオーソリティな人だったのですが、
話が面白くて聞き入ってしまいました。
勉強になります。

色々な刺激を受けることが最近非常に多くて、
一日があっという間です。

大変ですよね?とかよく言われるのですが、
大変だと思ったことはうーん、実はあまりないのです。
いやほんとに。精神的に辛いということがそもあまり
ありません。

肉体的につらいというのはゲーム制作の現場である以上
たくさんあります。制作の現場は基本的にはやはり体力勝負です。

一番肉体的に苦しかったのは「まほろばStories」のシナリオライティングの時、
両腕がタイピングのしすぎで腱鞘炎になって、
もう痛みで何もできなかった時は本気で辛かったです。

両腕を冷やしても温めても駄目で、でも締め切りがあるから
仕事はしなければならないという状況で、
1分に一度腕を冷やしながらシナリオ書いてました。

でもそれは当たり前のことなんです。

自分の好きな仕事をさせてもらってるのに、
頑張れない人って、駄目だなって。

世の中の職業に貴賎はありません。

でも「その仕事が好きかどうか」というのはとてもモチベーション的に
大切ですが、すべての人がそういうモチベーションがある仕事につけ
てるわけではないですよね。

だから、当たり前なのですが、
好きなことをやらせてお金を頂いてるのに、
色々言い訳したり不満いったりするのは、
かっこ悪いことだと思うんです。

だから頑張るのは当たり前なんです。

もっともっと色々な人に笑ってもらいたい。
元気になるような作品を作って、
少しでも毎日のVitaminになってもらいたい。

そんな気持ちで毎日頑張ってます。

そこはまっすぐに。
その気持ちに嘘をついてはいけないです。
自分に必ず跳ね返ってきますから。

VitaminZを買うためにお年玉を一年先前借りしてくれた
小学生の女の子がいて、正直手紙をもらった時、涙が出
そうになりました。というか出た。

そういう子たちの為にも、
少しでもおもしろい楽しいものを作っていきたいです。

でも将来、天ちゃんと結婚したいですvv
と書かれた手紙を見た時は、せめてKENN君にしたほうが、
まだ可能性の問題的にゼロではないのではないでしょうかと
言いたかったのですが、それはほら野暮なことは言えません。

僕だって昔は不知火舞が大好きでしたから、
気持ちはわかります。

garou_densetsu2_kim_139.gif


揉みたいという気持ち、ではなかった、恋する気持ちは大切です。

それを忘れずに今後も頑張っていきたいと思います。

乳を忘れずにじゃないですよ。
恋する気持ちですよ。

余計なこと書いたっちゅーの。
だっちゅーの。

おやすみなさい。