反芻

電車の中でも、お風呂入ってても、食事してても、
何しててもずっと考えてる。

ずっと、ずっと考えて、その言葉や内容を反芻する。
それが本当に正しいのか、喜んでもらえるのか。

自己満足じゃないのか?
本当に面白いの?

百回、二百回、三百回、四百回、数えきれないぐらい思考を
重ねた末に出てきて確信するまで繰り返す。

最初に降りてきた言葉でもとにかく繰り返し頭の中で反芻する。

言葉を前に置いてみる。
言葉を後ろに置いてみる。

ちょっとずらしただけで、まるで違った印象を受ける。

ある意味、企画することは、本当に「恋」をすることに似てるかもしれないです。

今日もずっと考えてました。

このアイデアが形になるかならないかはわかりませんが、
僕はやっぱり企画や言葉を生み出すことが大好きみたいです。